プラスチックを使わないサスティナブルな弁当箱『COFFEE』

プラスチックを使わないサスティナブルな弁当箱『COFFEE』

2020年7月1日から、全国でプラスチック製の買い物袋、いわゆるレジ袋が有料化される。店舗によってはすでに有料化しているため、ご存知の方も多いだろう。プラスチックの過剰な使用を抑制し、廃棄の問題や海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化といった諸問題の対策を目的としている。

そのような状況で、プラスチックを使わない製品も増えてきている。プロジェクトチーム「sunaho」が提案するサスティナブルな弁当箱、BENTO box『COFFEE』もそのひとつだ。

コーヒーかすと竹粉を主材料にしたBENTO box『COFFEE』

『COFFEE』は、プラスチックを使わずに100%天然素材(シリコンパッキン除く)で成型された弁当箱であり、台湾との共同開発で作られている。

竹製品が盛んな台湾では、製造過程において竹のおがくずが大量に発生。また、コンビニやカフェなどでは毎日大量にコーヒーかすが出る。同製品はこうした、本来は捨てられてしまう素材をパウダー化して主材料としている。

メラミンやプラスチックは不使用なので、使い終えたときに可燃処分ができ、土に埋めれば土へ還る。製造時や使うときだけでなく、捨てるときのことまで考えた製品だ。

クラウドファンディングでファーストゴールを達成

『COFFEE』は、クラウドファンディングサイト「READYFOR」で制作費などの支援を募集。なお、台湾ではすでに同じ素材によるコーヒータンブラーがクラウドファンディングで成功をおさめ、商品化されているという。

同製品も多くの支援を集めており、2020年6月15日現在、ファーストゴールとして定めた200万円を達成。新たに400万円をネクストゴールとして、さらなる支援を呼び掛けている。

エコやサスティナブルといった観点のみならず、お弁当箱としてのデザインも魅力的な製品なので、興味を持った方は支援ページを確認してみてほしい。

製品情報

BENTO box『COFFEE』
クラウドファンディングサイト

(期間は2020年6月29日まで)

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。