視覚だけでなく触覚でも楽しめる『ルービックキューブ ユニバーサルデザイン』

視覚だけでなく触覚でも楽しめる『ルービックキューブ ユニバーサルデザイン』

文化や国籍、年齢や性別といった違いがあろうとも、できるだけ多くの人が利用できるように設計することをユニバーサルデザインという。多様化の重要性が増す近年、モノを設計する上で必要となる考え方だ。

たとえば、ウェブサイトひとつとっても、画像に対して文章による説明を埋め込むことが求められる。ただ画像だけ表示してしまうと、目の不自由な人はそこに何が書かれているのかわからない。しかし、文章による説明が埋め込まれていれば、音声読み上げブラウザがその文章を読み上げるため、画像は見えなくても何が表示されているのか分かるのだ。

こうしたユニバーサルデザインを取り入れたのが『ルービックキューブ ユニバーサルデザイン』だ。

視覚だけでなく触覚でも楽しめるルービックキューブ

『ルービックキューブ ユニバーサルデザイン』は、視覚だけでなく触覚でも楽しめるようにデザインされている。元になっているルービックキューブは、ご存知の通り立方体を回転させ、6面それぞれを同じ色に揃えるというパズル。「色」、つまりは主に視覚で楽しむパズルだ。

ユニバーサルデザインを加味した今回のルービックキューブは6面に凹凸によるマーキングを追加。白色以外の5つの色に対して異なる種類の凹凸が施されているので、視覚で判断しなくても触ればどの色か分かるという仕組みだ。

利便性だけでなく楽しさも生み出したユニバーサルデザイン

凹凸によるマーキングが施されているため、目が不自由な人でも楽しむことができる。また、あえて目をつぶり、触覚だけで6面を揃えるという楽しみ方も可能。

ユーザー人口が増えるのみならず、既存のユーザーの楽しみ方も広げる秀逸な企画といえるだろう。

商品情報

『ルービックキューブ ユニバーサルデザイン』

価格:2,750円(税込)

商品情報

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。