まるで木彫り彫刻か工芸品のようなハイエンドスマートスピーカーが登場

まるで木彫り彫刻か工芸品のようなハイエンドスマートスピーカーが登場

エディトリアル表記:Hadrian / Shutterstock.com

デンマークの音響ブランド、Bang&Olufsen(バング&オルフセン)から新作スマートスピーカー『Beosound Balance』が登場した。

北欧のミニマリズムに根ざした上品なデザインと、優れた音響パフォーマンスが絶妙のバランスを保つ最新スピーカーは、イギリス・ロンドンのクリエイティブスタジオ「Layer」のベンジャミン・ヒューバートがデザインを手掛けた。

温かみのある天然木のベースと、スピーカー部分というメリハリのついた2つのコンポーネントからなるスピーカーは、インテリアアイテムのような円筒形のフォルムで生活空間に調和するデザインになっている。無垢のオーク素材を使用したブラックオーク、ナチュラルオークの2カラーで展開。

コンパクトなサイズでありながら、7つのスピーカードライバー群で構成されており、棚やサイドテーブルの上、壁際に置いても迫力の音響パフォーマンスを発揮。また、スピーカーの周囲を均一なサウンドで満たす「全指向モード」と、ユーザーの聴きたい位置へダイレクトにサウンドを届ける「指向制御モード」の2種類のサウンドモードを搭載している。

スピーカー上部の光を透過するアルミニウム製プレートには、内蔵された近接センサーによって、ユーザーがスピーカーに近づくとタッチインターフェイスが浮かび上がる。また、Google Assistantなどの音声アシスタント機能にも対応している。

ワイヤレスホームスピーカー『Beosound Balance』は、バング&オルフセン店舗と公式オンラインストアなどで発売中。

商品情報

『Beosound Balance』

価格:286,000円(税込)
販売元:Bang&Olufsen(バング&オルフセン)

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。