マインクラフトでバーチャル音楽フェス開催 VIPパスの売り上げは寄付へ

マインクラフトでバーチャル音楽フェス開催 VIPパスの売り上げは寄付へ

エディトリアル表記: Piotr Swat / Shutterstock.com

新型コロナウイルスの影響で世界中のイベントやフェスが開催中止を余儀なくされているが、仮想イベントをプロデュースする「Open Pit」と、NYを拠点に活動するバンドAnamanaguchiが中心となって、バーチャルミュージックフェス『NETHER MEANT』が開催された。

会場は人気ゲーム『マインクラフト』内に作られた、ブルックリンにあるナイトクラブElsewhereをベースにした仮想空間「Elsewither」で、ヘッドライナーはエモロックシーンのレジェンドAmerican Footballが務めた。ほかにも前述のチップチューンバンド・Anamanaguchi、LA在住のビートメイカー・Bathsなど多数のアーティストが出演。American Footballのマイク・キンセラは、イベント開催前に「うちの7歳の息子に、パパにも仕事があるってことをようやく証明できるのが楽しみだよ」とコメントしていた。

『マインクラフト』をプレイしていない人もTwitchで配信されたライブの様子を楽しんだ。また、販売されていたVIPパスでの収益8,000ドルはコロナウイルスの救済活動のために寄付された。

「Open Pit」はこれまでもコーチェラ・フェスティバルといった人気フェスとコラボして、『マインクラフト』内でバーチャルコンサートを開催している。

出典:
『NETHER MEANT』

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。