ヤマハがオンラインセッションサービス『SYNCROOM』を6月に公開予定

ヤマハがオンラインセッションサービス『SYNCROOM』を6月に公開予定

ヤマハ株式会社が2020年6月頃より、離れていても自宅などから複数人での合奏が楽しめるオンラインセッションサービス『SYNCROOM(シンクルーム)』の公開を予定している。

『SYNCROOM』は、インターネットを利用して離れた場所での合奏を実現し、最大5拠点のユーザー同士がオンラインセッションを楽しめるサービス。自宅などのパソコンにアプリケーションをインストールしてユーザー登録を行うことで、合奏に適したさまざまな機能を無料で利用することが可能になる。

一般的なIP電話や遠隔会議システムでは音声の遅れなどが生じてしまい、お互いの音を聞きながら合奏することは困難だが、ヤマハ独自の技術を使用することで遠隔地でも違和感をほとんど感じずに快適にオンラインセッションを楽しめるサービスになっているという。

なお、『SYNCROOM』に先行して、ほぼ同等の機能を持つベータ版『NETDUETTO β2』がすでに公開中だ。

サービス情報

『SYNCROOM』公式サイト
ベータ版『NETDUETTO』

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。