「MUSER」が過去のライブ映像を生配信できる新機能の提供を開始

「MUSER」が過去のライブ映像を生配信できる新機能の提供を開始

音楽ライブ・コンサートの配信専門プラットフォーム「MUSER」が、過去のライブ映像を活用してアーティストが収益を得ることができる新機能「アーカイブ生配信」の提供を開始した。

新型コロナウイルスの影響でライブなどの活動が制限されるなか、「MUSER」は無観客ライブを検討しているイベント主催者やアーティストたちに、ライブ生配信とデジタル投げ銭機能を無償提供していた。それに加えてアーティストに新たな活動手段と収益機会を提供することになる。

「MUSER」の配信機能では、有料もしくは無料でライブ配信を行うことができ、ファンも「投げ銭」をとおしてアーティストへ感謝や応援の気持ちを伝えることが可能。また、コメント機能を使用した盛り上がりと一体感が、生配信ならではの新しいライブ体験を提供してくれる。

緊急事態宣言が発令され、より一層の自粛要請が続くなか、多くのアーティストが活動の場を失い苦境に陥っている。そして、このままでは新型コロナウイルス収束後に活動を続けられるかどうかの見通しも立っていない。今はこのようなサービスを活用し、音楽の経済活動をストップさせないことが重要だと言えるだろう。

サービス情報

「MUSER」

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。