指に装着してビートを刻む音楽演奏ガジェット『Music Fingers』

指に装着してビートを刻む音楽演奏ガジェット『Music Fingers』

Apr.13 2020

スペインのプロやアマチュアを問わない音楽好きが集まったグループによって開発された『Music Fingers(ミュージック・フィンガーズ)』は、指に装着してビートを刻むことができる音楽演奏ガジェット。大掛かりな楽器がなくても音楽に合わせて直感的に指先を動かすだけで、あらゆる人が気軽に音楽の演奏や制作を楽しめるように作られている。

小さなクリップのようなルックスのデバイス『Music Fingers』は、両手のいずれかの指先に装着し、Bluetooth経由でスマートフォンの専用アプリと連動させて使用する。アプリのライブラリからHip Hop、EDM、House、Pop、Rockなどのジャンルや、楽器、サウンドの種類を選び、デバイス本体の表面に配置された2つのボタンを何かに触れさせるだけで好きなように多種多様なビートを操ることができる。

いつでもどこでも、何に触れても、さまざまなビートを生み出せるので、1人や仲間で新たな音楽を作ったり、お気に入りの楽曲に合わせて演奏するのにオススメ。機能はシンプルかもしれないが、オリジナルのビートを録音してループさせるサンプリング機能などもあるようだ。

チームのミュージシャンたちが『Music Fingers』を使ってビートを刻むデモンストレーション動画では、1人で2個装着し、4種類のビートを使い分ける人から、2人がかりで6個を駆使して計12種類のビートを生み出すスゴ技まで、多数のバージョンが見られる。ラップに合わせたり、ギター演奏に合わせてジャムセッションしたり、使い方次第で音楽の楽しみ方がぐっと広がりそうだ。

『Music Fingers』は、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で資金を募集して目標額を達成しており、2020年7月以降、バッカーに商品を発送予定。

商品情報

『Music Fingers(ミュージック・フィンガーズ)』

出典:THE VERGE

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。