「STYLY」がARコンテンツ制作に対応。制作・配信が手軽に

「STYLY」がARコンテンツ制作に対応。制作・配信が手軽に

Jun.15 2020

「STYLY」イメージビジュアル

VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」がARコンテンツ制作に対応した。

Psychic VR Labが提供するVR、AR、MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」。システムアップデートによって、スマートフォンやiOS、Android搭載タブレットへ、手軽にARコンテンツを配信することが可能となった。

昨年11月にiOSおよびAndroid端末向けに「STYLY Mobile」をリリースしたPsychic VR Lab。これまでに東京・渋谷PARCOで常設展示されているインスタレーション『World's end supernova : Discont』を発表したほか、様々なアーティストや企業とコラボレーションしてきた。

アップデートでは、コンテンツ制作に使用する「STYLY Studio」にARおよびVRシーン作成時のテンプレートを用意。加えて、体験時に必要な「STYLYマーカー」を自動で発行および表示できる機能が追加された。制作したARコンテンツは「STYLY Mobile」で体験することが可能。ARコンテンツ制作と体験の裾野を大きく広げることになりそうだ。

サービス情報

STYLY

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。