スポーツの「ちから」を学ぶ『スポーツプロデューサー体験コース』9月開講

スポーツの「ちから」を学ぶ『スポーツプロデューサー体験コース』9月開講

「NEXT GENERATIONS ACADEMY」の講座『スポーツプロデューサー体験コース』が9月4日に開講する。

次世代のスポーツを通じてクリエイティブと学びの場を提供する「Next Generations Academy」。渋谷未来デザインが、ログスが運営する10代のための新たなクリエイティブの学び舎「GAKU」と連携して行なう『スポーツプロデューサー体験コース』では、自分たちの手でスポーツイベントを作るというゴールに向かって、イベント企画やPR、イベント運営などスポーツを支える側であるスポーツプロデューサーの仕事を体験することができる。

同コースでは「スポーツのさまざまな“ちから”の気づき」「クリエイティブな思考」「企画を構想し実行する力」「チャレンジ精神(世界で活躍する同年代のアスリートたちの話を直接聞く体験を通して)」「各分野のプロフェッショナルと一緒に仕事を体験すること」「仲間と共にゴールを目指すチームワーク(チームビルディング)」などが学べるという。

講師陣は、上野桂(スポーツビズ)、金後優介(IAM)、YUI(REGSTYLE)、Bboy Shigekix、KAIら。監修は長田新子(渋谷未来デザイン)が務める。

開講は9月4日から12月25日までの毎週金曜16:30から18:00に全14回を予定。週末に実施される実習を含む。会場は東京・渋谷PARCO 9F GAKU。実習場所と時間は別途設定される。受講資格はスマートフォンやタブレット、パソコンなどのデバイスを持参し、GAKUで行なわれる授業に出席可能な中高生。何らかの事情で授業に通えない場合にはオンライン参加も可能だが、オンラインのみの受講は不可となる。定員は20人程度。受講料は税別60,000円。受講申込はPeatixで受け付けている。

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。