働きかたを変えたいリモートワーカーに「職住融合型」滞在個室を提供

働きかたを変えたいリモートワーカーに「職住融合型」滞在個室を提供

Withコロナ / Afterコロナ社会における新しい働き方・暮らし方の提案として、株式会社アドレスは宿泊施設と連携し、「職住融合型」滞在個室の提供拡大を予定している。

同社はこれまで、定額制で全国の登録された住宅に自由に住める多拠点コリビングサービス『ADDress(アドレス)』を展開。「#全国創生」をコンセプトに、多拠点居住を通じて全国を活性化し、同時に日本中のコミュニティに新たな関係をつくるライフプラットフォームだ。空き家や別荘を活用することで、コストを抑えながらリノベーションによる快適な空間を提供してきた。

現在、世界で猛威をふるう新型コロナウイルス感染拡大は人々の働き方にも大きな変化を促している。その一つが企業のリモートワークの広がりだ。オフィス近郊に住まなくても働ける状況が確保され始めており、それとともに、都心から離れて暮らすニーズはこれまで以上に高まり、「住まいの定義」も見直されることが予想される。

こうした社会環境の変化を見据え、『ADDress』は「住まいと働き方をシフトしたい人」に向けて、ホテル・旅館・ゲストハウスといった宿泊施設とも連携を強化。「連携宿泊施設第1弾」として、東京、北海道、京都、長野など全国10拠点の近日オープンを予定しており、新規の宿泊施設も引き続き募集している。

サービス情報

『ADDress』公式サイト
『ADDress』宿泊施設エントリー

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。