憧れの芸能人がニュースを読み上げてくれる『コエステーション』がスタート

憧れの芸能人がニュースを読み上げてくれる『コエステーション』がスタート

好きな有名人やキャラクターが、カーナビ音声やニュースアプリの読み上げをしてくれたら……。そんな夢を叶えてくれる新事業「コエステーション事業」が3月16日からスタートした。

エイベックス株式会社が立ち上げた「コエステ株式会社」が東芝デジタルソリューションズ株式会社と提携して提供する『コエステーション』は、AI・音声合成技術を活用し、一般ユーザーやタレント・著名人の「コエ(声)」を収集・蓄積。タレント・著名人などの実在する人物の声をもとに、声の分身である「コエ(声)」のデータを生成。生成した「コエ(声)」を「コエステーション」プラットフォームに集めて、エンターテイメント、観光、ロボット、ナビゲーション、音声広告など、様々な分野のサービスに提供する。

これによりカーナビの案内、オーディオブック、ニュースアプリなどを、好きなタレント・著名人の「コエ(声)」で楽しめる。また、店内放送や駅のアナウンスを期間限定でタレント・著名人の「コエ(声)」で聴ける取り組みなども行われる予定。

『コエステーション』にはDJ KOO、高柳明音(SKE48)、May J.を含め、既に30以上のタレント・著名人の公式の「コエ(声)」が登録されており(2020年3月時点)、今後も様々なタレント・著名人の「コエ(声)」が追加される。著名人のみならず、一般ユーザーの「コエ(声)」も登録可能。2020年3月時点で5万人以上の一般ユーザーの「コエ(声)」が登録されており、SNSのメッセージを本人の「コエ(声)」で読み上げることもできるほか、怪我や病気で声を失った方のコミュニケーションツールとしての活用を想定しているという。

サービス情報

『コエステーション』

料金:無料(2020年3月時点)

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。