森林を供給源とするワインギフトボックス。老舗メゾン・ルイナールが発表

森林を供給源とするワインギフトボックス。老舗メゾン・ルイナールが発表

1729年に創業した世界最古のシャンパーニュメゾン「ルイナール」が、2020年2月10日~12日に行われた世界最大のワイン・スピリッツ国際博覧会『VINEXPOパリ展示会』で、2年以上の歳月をかけて完成させ、ボトルの形状も特徴的な「ルイナール ブラン・ド・ブラン」「ルイナール ロゼ」専用の新しいギフトボックス『セカンドスキン』を発表した。

『セカンドスキン』は、持続可能な管理がされているヨーロッパの森林を供給源とし、天然木質繊維から丹念に作られた紙で出来た100%リサイクル可能なパッケージとなっている。プラスチックを全く使用していないため、既存のギフトボックスより9倍軽く、二酸化炭素排出量を60%削減することにも成功しているという。

また、環境への配慮だけでなく、「ルイナール」ならではのこだわりに溢れたデザインとなっており、繊細なエンボス加工が深く高級感のあるディテールを生み出している。『セカンドスキン』は、現在使用されているギフトボックスに代わり、2020年冬より西ヨーロッパで徐々に展開され、日本では2021年春より展開予定。

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。