『未来ドラフト2020~わたしと難民がつながるアイデア・コンペティション~決勝大会』ビジュアル

『未来ドラフト2020~わたしと難民がつながるアイデア・コンペティション~決勝大会』が6月21日13:00からオンライン開催される。

同イベントは、キリスト教精神に基づき、貧困や紛争、自然災害などのために困難な状況で生きる子供を支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンが6月21日の「世界難民の日」を記念して実施。クックパッド、テレビ東京、ムラサキスポーツ、ヤフーが提示する「お題」を1つ選び、来夏に来日する「難民アスリート」に注目を集めるためのアイデアを発表する。

コナミグループが会場提供する「esports 銀座 studio」を拠点に行なわれる決勝大会では、メンバーに5歳の女子がいる「チョコチーム」や、2度目の決勝大会出場となる開成高校「K-Diffusionors」など、一次審査を勝ち抜いた8チームがアイデアを披露。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ベスト8および審査員は全員オンライン参加となる。当日は視聴者が選ぶベストアイデア「オーディエンス賞」も受付。

審査員は飯野真理子(NHK)、小竹貴子(クックパッド)、古井大嗣(テレビ東京)、金鉉敏(ムラサキスポーツ)、鈴木哲也(ヤフー)ら。総合司会は塩田真弓(テレビ東京)が担当する。

番組情報

『未来ドラフト2020~わたしと難民がつながるアイデア・コンペティション~決勝大会』

2020年6月21日(日)13:00~17:00

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。