自宅で本格派水出しコーヒーを楽しむ、『BRRREWER』

自宅で本格派水出しコーヒーを楽しむ、『BRRREWER』

コーヒーは熱いお湯で淹れる。アイスコーヒーだって、熱いお湯で作ってから冷ます。しかし、熱いお湯で作らないのが「水出しコーヒー」だ。水出しコーヒーはお湯で作る一杯とは異なる味わいを持ち、根強いファンが存在している。

そんな水出しコーヒーを自宅でカンタンに作れるコーヒーメーカー『BRRREWER(ブルーワー)』がクラウドファンディングを開始した。

時間をかけてゆっくりと抽出する水出しコーヒーの味わい

『BRRREWER』に触れる前に、水出しコーヒーから説明しよう。水出しコーヒーとは、文字通り水で抽出するコーヒーのこと。「水でコーヒーが作れるのか?」と思う人もいるかもしれない。実際、水で抽出すると、コーヒーが飲める状態になるまではかなり時間がかかる。しかし、時間をかけて抽出する過程でイヤな「苦み」や「エグ味」が抑えられ、柔らかくクリアな味わいになるのが特徴だ。

水出しコーヒーメーカー『BRRREWER』

『BRRREWER』は、イタリアのスタートアップ、「ESSENSE(エッセンス)」によって製造された水出しコーヒーメーカー。株式会社リスティックが、正式販売に先行してクラウドファンディング形式で国内販売を開始した。

クールなデザインも目を引くが、最大の特徴は抽出方法にある。水出しコーヒーを作るための抽出方法は2つ。ひとつは挽いたコーヒーを冷蔵庫で最大24時間真水に浸す「完全浸漬法」。この方法は、クリアな味わいに弱く、口当たりがザラザラしたものになる。

ふたつは、『BRRREWER』が採用したコールドドリップ技術。ろ過システムによって水滴をコーヒー粉全体へ均一に分散。クリアな味わいと口当たりを実現する。また、油分を抽出しないため、保存期間が長いことも特徴。冷蔵庫で最大1週間保存することができるという。

「Makuake」にて先行販売プロジェクト実施中

『BRRREWER』は、クラウドファンディングサービス「Makuake」で先行販売プロジェクトを実施している。先行販売プロジェクトで購入すると、一般販売よりもお得に購入可能だ。

商品情報

『BRRREWER』
『BRRREWER』

Makuake

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。