渋谷区公認の「バーチャル渋谷」が登場。初イベントは『#渋谷攻殻NIGHT』

渋谷区公認の「バーチャル渋谷」が登場。初イベントは『#渋谷攻殻NIGHT』

渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」が、5月19日にオープンする。

アーティストのライブやアート展示、トークイベントなど、「渋谷」らしさを持ったコンテンツを発信する「バーチャル渋谷」。新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴って経済や文化など、様々な活動が制限される状況にあっても、先端テクノロジーを活用してエンターテイメントの活動を止めることなく、自宅からイベントの開催・体験を提供可能だ。バーチャルイベント会場だけでなく、リアルな渋谷の街を連携させ、同一コンテンツを表現する「デジタルツイン(ミラーワールド)」の体験も提案する。

5月19日には、オープニングイベントとして『#渋谷攻殻NIGHT by au 5G』が開催。先日からNetflixで配信されて話題を集めている『攻殻機動隊 SAC_2045』を含む『攻殻機動隊』シリーズについてのライブトークイベントとなり、「バーチャル渋谷」のスクランブル交差点を舞台に、『攻殻』シリーズのファンだというDJ LOVE(SEKAI NO OWARI)、にじさんじ所属のバーチャルライバーであるアンジュ・カトリーナ、若槻千夏(渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー)、宇川直宏(SUPER DOMMUNE)らがアバターとして登場する。時間は19:00から19:45までを予定。なお「デジタルツイン(ミラーワールド)」におけるイベントは、今夏の開催を予定しているとのこと。

「バーチャル渋谷」はVRデバイス、スマートフォン、パソコンから参加可能。参加には「cluster」の無料アカウント作成と、利用デバイス用のclusterアプリのインストールが必要となる。イベントの様子は、YouTube Live、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト公式Twitterでも同時中継する。

なお「バーチャル渋谷」はKDDI、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会を中心とする参画企業50社で組成する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」によるもの。11月開催の渋谷区共催事業『SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020(SIW)』における都市型イベント会場としても活用される予定だ。

近年、大規模な再開発で大きく姿を変えてきた渋谷。「バーチャル世界への進出」という新たな展開でも注目を集めそうだ。

イベント情報

『#渋谷攻殻NIGHT by au 5G』

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。