スマートフォンで月を探索。AR機能付きインテリア『LUNAR』

スマートフォンで月を探索。AR機能付きインテリア『LUNAR』

新型コロナウイルス対策の一環として外出を控えるようになり、インテリアに興味が湧いてきたという人も少なくないだろう。

自分の部屋を好きなインテリアで彩っていくというのは、とても楽しい。そんなインテリアの楽しさを、ARを使って進化させた商品が探索可能な月模型『LUNAR』だ。

精密に作られた月模型『LUNAR』

『LUNAR』は、月を高解像度で再現した模型。最新の3Dプリント技術で生み出された模型を、手作業で彩色して仕上げている。

すべてのクレーター、海、死火山という細かいディテールを精密に再現。インテリアとして飾る美しさはもちろんのこと、天文ファンが満足するだけのリアリティを持ち合わせている。

スマートフォンで月を探検

特徴はリアルさだけにあるわけではない。最大の特徴は、スマートフォンをかざすことで月の光景を体験できるという点だ。

AR技術によって、月面に関する詳細な情報を学ぶことができ、ランドマークを探索することも可能。また、太陽・地球・月の天文シミュレーションを仮想空間上に表示することもできる。

大きさの異なる3種類のモデル

『LUNAR Pro』『LUNAR Regular』『LUNAR Mini』の3種類のモデルが発売されており、『LUNAR Pro』は直径120mm、『LUNAR Regular』は直径80mm、『LUNAR Mini』は直径30mm。ランドマーク機能は『LUNAR Regular』のみ対応。

なお、2020年7月現在、発売しているのは『LUNAR Regular』『LUNAR Mini』の2種類となっている。

商品情報

『LUNAR Regular』

価格:11,600円(税抜)

『LUNAR Mini』

価格:5,900円(税抜)

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。