スマホでサイネージや壁に花火の打ち上げができる「デジタル花火」提供開始

スマホでサイネージや壁に花火の打ち上げができる「デジタル花火」提供開始

ワントゥーテンによる「デジタル花火」の提供がスタートした。

「デジタル花火」は、新型コロナウイルスの影響で花火大会が相次いで中止となり、三密を避けた新しい形での花火大会開催へのニーズが高まっていることを受けて展開。スマートフォン、パソコンによるオンライン操作、身振り手振りの身体性を伴う動きでサイネージや壁に花火を打ち上げることができる。

「デジタル花火」の基本システムにより、スマートフォンとサイネージをリアルタイムに繋ぐことができるため、メッセージ、写真、商品、キャラクターを打ち上げたり、オンラインライブの演出に活用したりすることも可能。同時体験人数を任意に設定できるので、イベントの規模に応じてソーシャルディスタンスを保つことができる。

ワントゥーテンは、最先端テクノロジーを軸にAI技術を駆使した新サービスの開発、プロジェクションマッピング、XRを活用した商業施設やイベントのデジタル演出などを行なっているクリエイティブ集団。

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。