レトロゲーム配信「プロジェクトEGG」がプライスオフ&SNSキャンペーン中

レトロゲーム配信「プロジェクトEGG」がプライスオフ&SNSキャンペーン中

D4エンタープライズによるレトロゲーム配信サービス「プロジェクトEGG」が、有料タイトルのプライスオフやSNSのプレゼントキャンペーンを実施している。

1980年代から90年代のPCゲームやテレビゲームを復刻して提供しているプロジェクトEGG。レトロゲームをゲームメーカーの許可を得て、Windows上でエミュレートしてダウンロード販売を行なっており、現在は約950タイトルを配信中。無料配信タイトルも約170本用意している。かつてPC-9801、PC-8801、X68000、MSX、MSX2、X1、FM-7などに向けて発表され、のちのゲームに大きな影響を与えた文化的遺産でありながら、PCプラットフォームの乱立や記録メディアの劣化などによってプレイできない状態にあるレトロゲームを、いつまでも遊べるようにすることを目指している。

キャンペーンは会員が5万5千人を突破したことを記念するもの。プライスオフの対象となるタイトルは、PC-9801版の『レリクス -RELICS-』、PC-9801の『メルヘンヴェールI・II』、MSX2の『ブラスターバーン総集編(前編)』など。最大85%のオフが実施中だ。

Twitterのプレゼントキャンペーンは、プロジェクトEGG月額会員が対象。プロジェクトEGGに関連するツイートをハッシュタグ「#projectegg」付きで投稿すると、抽選で5人にNintendo Switch Lite本体をプレゼントする。プロジェクトEGGに関連するツイートは、プロジェクトEGGで配信中のゲームのキャプチャー画面や応援メッセージ、要望などを指す。キャンペーン期間は8月31日13:00まで。応募方法の詳細はプロジェクトEGGのオフィシャルサイトで確認しよう。

サービス情報

プロジェクトEGG – レトロゲーム配信サイト

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。