大英博物館がデジタルコレクションを大きく刷新 ダウンロードも可能

大英博物館がデジタルコレクションを大きく刷新 ダウンロードも可能

世界中で未曾有の事態を巻き起こしている新型コロナウイルス。自宅待機が余儀なくされる困難な状況下で、大英博物館が「粋」な試みを行なっている。

感染を少しでも抑えるために多くの美術館や博物館が休館を余儀なくされている。イギリスの大英博物館もすでに1か月以上休館状態が続いているが、来場したくてもできない人々のために、同館のデジタルコレクションを大きく刷新したことをTwitterで発表した。

これまで公開していた作品も含め、450万点のコレクションと190万点の画像をオンラインで誰でも鑑賞できるようにしたとのこと。サイト上では拡大して作品の細部まで観賞することも可能で、商用目的でなければクリエイティブ・コモンズ・ライセンス4.0にそってダウンロードもできる。

大英博物館によると、デジタルコレクションのリニューアルは予定されていたものの、新型コロナウイルスによる異例の事態を考慮して前倒しでリリースしたそうだ。

博物館・美術館に直接足を運んで直に作品を鑑賞する体験は何物にも変えがたいが、以前の日常が完全に戻るまではしばらく時間がかかるだろう。大英博物館の「粋」な試みが人々の心を癒してくれることを祈りたい。

施設情報

大英博物館
出典

Engadget

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。