遠隔操作で運搬や会話を可能にする『テレワークロボット™』

遠隔操作で運搬や会話を可能にする『テレワークロボット™』

新型コロナウイルス感染拡大によって、急速にテレワークが進んでいる。しかし、対面の受付や運搬など、どうしても人の手が必要な業務は存在する。そうした業務のテレワークへの移行は困難である。この状況をロボティクス技術で解決しようと開発されたのが『テレワークロボット™』だ。

『テレワークロボット™』とは?

株式会社スマートロボティクスが販売するロボットは運搬や会話が遠隔操作で可能なため、担当者が現場に行かずとも作業を行うことができる。操作も簡単に設計されており、ロボットの知識がなくてもゲーム感覚で使用できるという。

『テレワークロボット™』はどんな業務を実現できるのか?

主にコミュニケーションと運搬という機能を実現させている。コミュニケーションは、ロボットに設置されている画面を通して行い、運搬はロボットに設置された台に荷物を置くことで行う。オフィスや公共施設、商業施設といった屋内での案内・誘導・見回りといった業務も実現可能だ。

また、要望に応じてカスタムすることも可能。もちろん、あらゆる業務が実現できるわけではないが、このコロナ禍においてはテレワーク化可能な作業が増えることは喜ばしいと言えるだろう。

商品情報

『テレワークロボット™』

2020年5月提供開始予定
販売元:株式会社スマートロボティクス

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。