タイの新型コロナウイルス患者の治療に活躍 スマートグラス『Vuzix Blade』

タイの新型コロナウイルス患者の治療に活躍 スマートグラス『Vuzix Blade』

スマートグラス、AR(拡張現実感)技術の大手サプライヤーVuzix Corporationのスマートグラス『Vuzix Blade』がタイでの新型コロナウイルス患者の治療に利用され、効果を上げている。

Vuzix Corporationのソフトウェアソリューションパートナーで、タイを拠点とするTely360 Company Limitedが開発した「Ambulance3rd Eyeモジュール」とともに使用することで、陰圧室で働くスタッフと、部屋の外にいる医師とのスムーズなコミュニケーションを可能にしているという。

医師は離れた場所でも患者の状態をリアルタイムに確認することができ、適切でタイムリーな指示が出せる。このツールを利用すれば、新型コロナウイルス患者治療の効率が上がるだけでなく、患者のそばにいるスタッフの数を減らすことができるので、感染リスクを軽減できるというのも大きなメリットだ。

このスマートグラスとモジュールはタイで新型コロナウイルス患者の検疫をおこなっている主要施設のひとつ、マヒドン大学ラマティボディー病院医学部チャクリ・ナルボディン医学研究所にて実際に使用されている。

企業情報

Vusix Corporation

Categories

カテゴリー

Latest Articles

最新の記事

『CUFtURE』(カフチャ)は、au 5Gや渋谷未来デザインなどが主導する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」とCINRA.NETが連携しながら、未来価値を生み出そうとする「テクノロジー」と「カルチャー」の横断的なチャレンジを紹介し、未来志向な人々の思想・哲学から新たなヒントを見つけていくメディアです。そしてそれらのヒントが、私たちの日々の暮らしや、街のあり方にどのような変化をもたらしていくのか、リサーチを続けていきます。